GOLD SHACHI CATALOGUE No.117
425/440

レーザー彫刻真鍮腐蝕サンドブラストシルクスクリーン印刷転写プリントアルマイト印刷オフセット印刷ホットスタンプ昇華プリント専用のエッチング液を使用し、真鍮・ステンレス・銅などの表面をフィルムで覆って腐蝕させ、凹凸で文字・マークを刻む加工方法。表彰プレート・バッグプレート・名札など多くの物に利用されている。専用の絹布を枠に張り、インクが通過する穴と通過しない所を作ることで、版画の版を製版しインクを刷る加工方法。アクリルの名札やバッグプレート、ワンポイントの印刷にも適している。真鍮・アルミ・陶器などに転写紙を貼り付け加圧・加熱によって圧着する。短納期の作製が可能だが、薄い色や細かな文字・マークには不向き。アルミ板にアルマイト処理し感光液を塗り、印刷部分以外の所を感光させインクを刷り込む印刷方法。表面が強く細かい文字やマークにも対応。版に付けられたインクを、ゴムブランケットなどに転写した後、真鍮・アルミ・ステン等に印刷する。グラデーション・多色刷りなどの細かなデザインや大量生産の場合に利用されている。おもに、金箔・アルミ箔・ホットスタンプ箔を利用して凹凸の型で加圧・加熱によって圧着したもの。紙・アクリル・皮革素材等に利用されている。昇華インクを使って、真鍮・アルミ・化繊生地などを、印刷した専用紙に高温の熱をかける事で、インクが気化し色を浸透させる加工方法。ガラス製品に文字加工する場合、彫らない部分を専用フィルムで覆い、彫る部分のみコンプレッサーで研磨材を混ぜて吹き付ける。小ロット・短納期での加工が可能。真鍮・アルミ・ダイキャスト・ステンレス・アクリル・皮革素材・楯板等に、彫刻・刻印・微細マーキング加工が可能。小ロット・短納期で加工できるので、バッグプレート・表彰状の彫刻など多くの物に対応。加工方法423

元のページ 

page 425

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です